FC2ブログ
top001
ブログ 会の紹介  入会案内  問合せ 
入谷小野照崎神社「お山開き」
2015 / 06 / 30 ( Tue )
富士山信仰で有名な、入谷小野照崎神社に行ってきました。
境内にある、富士山の溶岩で作られたミニチュア富士山が、富士山の山開きに合わせて二日間公開されます。
夏山での安全と、泥酔時の無事も祈って来ました!!

小野照先神社オフィシャルHP

チラシ

ミニチュア富士山登り口です。
お山

道標も出ています。
登山道

三峰神社系列のオオカミ信仰の神社でもあります。
おおかみ

山とは全く関係ないですが、私の愛する棋士藤原秀行先生の遺言モニュメントもあります。
しゅうこう

ほどほどの努力で、無事に夏山シーズンを乗り切りたいものです^^

ST
スポンサーサイト
19:18:58 | お役立ち情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ライトな食材
2012 / 04 / 02 ( Mon )
明日も夕刻からまた嵐の予報です!

菜花 400(白菜の花)


3月来、週末はいつも雨で荒れ模様。気温の上げ下げも大きく、霜、乾燥、強風注意報の発令もしばしばありますね。
虫や植物も春支度をして良いのやら戸惑いそうな気候です。

天道虫 400(ヨモギと天道虫)


これは先月18日に種を撒いた深ネギの写真です。昨日やっと芽が出てきました。太さ1mmにも満たない糸ミミズのような発芽です。今年は寒いので発芽に時間がかかります。天候の起伏が年々大きくなっているようです。

P1010018 4gatu2niti negi hatuga 400


山に行けないので、GWの40周年集中山行に向けて、軽い食材を近所のスーパーに探しに行きました。 今まで買い物がてらに見掛けた乾物ですが、マジマシと眺めると中々面白いです!


ゆばと高野豆腐400

いもがら と大根400

ひじきと松前漬け

海草さらだとあおさ400

あぶらふ400

乾ししいたけ400

他にもまだまだ・・・。乾しエビ、春雨、くずきり、ネギ、ごぼう、にんにく、など色々あって楽しい~!
乾し野菜は栄養価も高いと言われています。たまにはこんな食材で調理するのも面白そう。昨年テレビで自宅で乾し野菜を作ってレストランの売りにしている店舗を紹介していました。天日干しやレンジ乾燥など上手に使っていました。ニンジンなんかは自分でもできそうな気がします。今度試してみようかな・・・。




テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

23:38:39 | お役立ち情報 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
待望の地図サービス「ALPSLAB route」登場
2006 / 11 / 07 ( Tue )

ついにALPSLAB(アルプスラボ)がルートマップに対応してくれました。
その名も「ALPSLAB route」です。
 ◎ 地図サイズが320×240ピクセル固定
 ◎ 1マップに1ルートしか描画できない
などの制限はあるものの、ルート作図や修正も容易にできます。GPS端末から取得したログやKML形式のデータなどを直接貼り付ることもできます。ルートを作成し投稿するとそのルート詳細ページが自動的に作成され写真と標高グラフを表示することが可能で、登山記録にはうってつけの仕様となっています。ALPSLABの地図は等高線や登山道の表記がしっかりしている点も優れています。


塔ノ沢登山口~袈裟丸山~六林班峠~銀山平のルートマップ
左上側のボタンをいろいろ押してみましょう   右上のAボタンを押せば詳細ページを表示

なぜ、こうした地図サービスに大きな期待を寄せるかと言えば、
 ◎ 地図をスクロールしたり拡大・縮小できるので、その山が日本列島のどの辺りにあるのか、山の詳しい知識の無い人にも伝えやすい。
 ◎ 地図の利用にあたって国土地理院の許諾を必用としない。(註1
などの利点があるからです。

そこで当ブログでは、これまでGoogleMapをベースにしたLocapointを使ってきましたが、その地図表現には大きな不満を持っていただけに、「ALPSLAB route」の登場は喜ばしい限りです。

今後、全国の沢登りルートが登録されて行けば、沢名による沢登り検索ツールとしても大いに活躍すると思います。

註1:Webページに地形図を掲載するには国土地理院の許諾が必用なのです。地図ソフト「カシミール」の地図も、スキャナーで取り込んだ地形図も同様です。特例としてWebサイト等全体の中で、内容補足のため地図等の一部を挿絵的に3枚程度利用なら許諾無しでも使用可能となっています。国土地理院の地形図無料閲覧サービスのウォッちずは加工はもとより、一部を切り取った掲載なども一切できないことになっています。

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

12:00:00 | お役立ち情報 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
スズメ蜂 - エピペン
2006 / 09 / 20 ( Wed )

山行報告の投稿が無いので持ちネタで・・・
先日、スズメバチに全身100カ所刺されて亡くなった女性のニュースには驚かされました。かなり以前の事になりますが、当会でも東北の沢登りに出かけて複数の会員がスズメバチに刺されたことがありました。山で刺された場合問題なのは、適切な治療を受けるまで半日ないしは一日かかってしまうことです。よく知られている事ではありますが“アナフィラキシーショック”の問題です。過去にスズメバチに一度刺されたことのある人の場合は、非常に短時間の間に激しいショック症状が現れ、命を落とす危険があるとのことです。

アウトドアで蜂に刺された場合、私たち素人ができる対処方法としては“インセクトポイズンリムーバー”で蜂の毒を吸い出す方法ぐらいしかありません。ただ、完全に除去する事は難しいでしょうし、少量の毒液でもアナフィラキシーショックが起こる可能性は高いと思います。

じゃあスズメバチに一度刺されたことのある人はいったいどうしたらいいのか?

アナフィラキシーショックの治療補助薬として患者自身が注射のできる“エピペン”と言うものがあるそうです。ペン状の注射器で太ももに突き立てると適切な注射ができるというもの。
医師の処方が必要との事ですが、命にかかわることです。過去にスズメバチに刺された経験のある人は、スズメバチが攻撃的な9~10月の間だけでも山へ持って出かける事を検討されてはいかがでしょうか。

エピペンホームページ → http://www.epipen.jp/

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

08:50:00 | お役立ち情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ヒルズ再び
2006 / 06 / 28 ( Wed )

ヒルの事を調べていたら、やはりあるものですね・・・『ヤマビル研究会』なる組織がありました。

ヤマビル研究会 → http://www.tele.co.jp/ui/leech/index.htm

まじめに、しかも大変活発に講演会や調査研究活動をされているようです。丹沢のヒルのことも詳しくでています。
ホームページは解りやすく解説されていて、ヤマビルの概論から各地のヒル情報・吸われた後の対処方法まで大変詳しく解説されています。ぜひご一読をお奨めします。

今後は丹沢に限らず、登山にはヒル対策が必須となる可能性がありますね。

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

08:30:00 | お役立ち情報 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
| ホーム | 次ページ
入谷小野照崎神社「お山開き」
2015 / 06 / 30 ( Tue )
富士山信仰で有名な、入谷小野照崎神社に行ってきました。
境内にある、富士山の溶岩で作られたミニチュア富士山が、富士山の山開きに合わせて二日間公開されます。
夏山での安全と、泥酔時の無事も祈って来ました!!

小野照先神社オフィシャルHP

チラシ

ミニチュア富士山登り口です。
お山

道標も出ています。
登山道

三峰神社系列のオオカミ信仰の神社でもあります。
おおかみ

山とは全く関係ないですが、私の愛する棋士藤原秀行先生の遺言モニュメントもあります。
しゅうこう

ほどほどの努力で、無事に夏山シーズンを乗り切りたいものです^^

ST
スポンサーサイト
19:18:58 | お役立ち情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ライトな食材
2012 / 04 / 02 ( Mon )
明日も夕刻からまた嵐の予報です!

菜花 400(白菜の花)


3月来、週末はいつも雨で荒れ模様。気温の上げ下げも大きく、霜、乾燥、強風注意報の発令もしばしばありますね。
虫や植物も春支度をして良いのやら戸惑いそうな気候です。

天道虫 400(ヨモギと天道虫)


これは先月18日に種を撒いた深ネギの写真です。昨日やっと芽が出てきました。太さ1mmにも満たない糸ミミズのような発芽です。今年は寒いので発芽に時間がかかります。天候の起伏が年々大きくなっているようです。

P1010018 4gatu2niti negi hatuga 400


山に行けないので、GWの40周年集中山行に向けて、軽い食材を近所のスーパーに探しに行きました。 今まで買い物がてらに見掛けた乾物ですが、マジマシと眺めると中々面白いです!


ゆばと高野豆腐400

いもがら と大根400

ひじきと松前漬け

海草さらだとあおさ400

あぶらふ400

乾ししいたけ400

他にもまだまだ・・・。乾しエビ、春雨、くずきり、ネギ、ごぼう、にんにく、など色々あって楽しい~!
乾し野菜は栄養価も高いと言われています。たまにはこんな食材で調理するのも面白そう。昨年テレビで自宅で乾し野菜を作ってレストランの売りにしている店舗を紹介していました。天日干しやレンジ乾燥など上手に使っていました。ニンジンなんかは自分でもできそうな気がします。今度試してみようかな・・・。




テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

23:38:39 | お役立ち情報 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
待望の地図サービス「ALPSLAB route」登場
2006 / 11 / 07 ( Tue )

ついにALPSLAB(アルプスラボ)がルートマップに対応してくれました。
その名も「ALPSLAB route」です。
 ◎ 地図サイズが320×240ピクセル固定
 ◎ 1マップに1ルートしか描画できない
などの制限はあるものの、ルート作図や修正も容易にできます。GPS端末から取得したログやKML形式のデータなどを直接貼り付ることもできます。ルートを作成し投稿するとそのルート詳細ページが自動的に作成され写真と標高グラフを表示することが可能で、登山記録にはうってつけの仕様となっています。ALPSLABの地図は等高線や登山道の表記がしっかりしている点も優れています。


塔ノ沢登山口~袈裟丸山~六林班峠~銀山平のルートマップ
左上側のボタンをいろいろ押してみましょう   右上のAボタンを押せば詳細ページを表示

なぜ、こうした地図サービスに大きな期待を寄せるかと言えば、
 ◎ 地図をスクロールしたり拡大・縮小できるので、その山が日本列島のどの辺りにあるのか、山の詳しい知識の無い人にも伝えやすい。
 ◎ 地図の利用にあたって国土地理院の許諾を必用としない。(註1
などの利点があるからです。

そこで当ブログでは、これまでGoogleMapをベースにしたLocapointを使ってきましたが、その地図表現には大きな不満を持っていただけに、「ALPSLAB route」の登場は喜ばしい限りです。

今後、全国の沢登りルートが登録されて行けば、沢名による沢登り検索ツールとしても大いに活躍すると思います。

註1:Webページに地形図を掲載するには国土地理院の許諾が必用なのです。地図ソフト「カシミール」の地図も、スキャナーで取り込んだ地形図も同様です。特例としてWebサイト等全体の中で、内容補足のため地図等の一部を挿絵的に3枚程度利用なら許諾無しでも使用可能となっています。国土地理院の地形図無料閲覧サービスのウォッちずは加工はもとより、一部を切り取った掲載なども一切できないことになっています。

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

12:00:00 | お役立ち情報 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
スズメ蜂 - エピペン
2006 / 09 / 20 ( Wed )

山行報告の投稿が無いので持ちネタで・・・
先日、スズメバチに全身100カ所刺されて亡くなった女性のニュースには驚かされました。かなり以前の事になりますが、当会でも東北の沢登りに出かけて複数の会員がスズメバチに刺されたことがありました。山で刺された場合問題なのは、適切な治療を受けるまで半日ないしは一日かかってしまうことです。よく知られている事ではありますが“アナフィラキシーショック”の問題です。過去にスズメバチに一度刺されたことのある人の場合は、非常に短時間の間に激しいショック症状が現れ、命を落とす危険があるとのことです。

アウトドアで蜂に刺された場合、私たち素人ができる対処方法としては“インセクトポイズンリムーバー”で蜂の毒を吸い出す方法ぐらいしかありません。ただ、完全に除去する事は難しいでしょうし、少量の毒液でもアナフィラキシーショックが起こる可能性は高いと思います。

じゃあスズメバチに一度刺されたことのある人はいったいどうしたらいいのか?

アナフィラキシーショックの治療補助薬として患者自身が注射のできる“エピペン”と言うものがあるそうです。ペン状の注射器で太ももに突き立てると適切な注射ができるというもの。
医師の処方が必要との事ですが、命にかかわることです。過去にスズメバチに刺された経験のある人は、スズメバチが攻撃的な9~10月の間だけでも山へ持って出かける事を検討されてはいかがでしょうか。

エピペンホームページ → http://www.epipen.jp/

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

08:50:00 | お役立ち情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ヒルズ再び
2006 / 06 / 28 ( Wed )

ヒルの事を調べていたら、やはりあるものですね・・・『ヤマビル研究会』なる組織がありました。

ヤマビル研究会 → http://www.tele.co.jp/ui/leech/index.htm

まじめに、しかも大変活発に講演会や調査研究活動をされているようです。丹沢のヒルのことも詳しくでています。
ホームページは解りやすく解説されていて、ヤマビルの概論から各地のヒル情報・吸われた後の対処方法まで大変詳しく解説されています。ぜひご一読をお奨めします。

今後は丹沢に限らず、登山にはヒル対策が必須となる可能性がありますね。

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

08:30:00 | お役立ち情報 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
| ホーム | 次ページ